のっちょちょ

読書感想とか投資信託とか、個人メモです

どうしても頑張れない人たち ☆3

頑張れない人こそ支援しないといけない。
たとえば家庭環境が大変な子は、頑張る気が起きないから。
ただし、頑張れない人を支援するのは極めて大変。

頑張っている人を支援したくなる、そうでない人は支援したくなくなるのは自然だと思うが、頑張りたくても頑張れない人もいることは理解しておくべきと感じた。

勉強ができない子に、頑張らなくていいよ。と親が単純に決めつけて、声をかけるのは危険。
子供はなんとか普通になりたいと思っているかもしれないし、社会ではある程度頑張ることが求められるから。

世界は贈与でできている ☆3

・金で買えないもの=贈与
・資本主義社会のスキマを埋めるもの
・見返りを求めないものが贈与

https://www.flierinc.com/summary/2255

交渉力 ☆4

・協調的交渉、敵対的交渉の2つ
・手法は「利益を与える(譲歩する)」、「合法的に脅す」、「お願いする」の3つ。
利益には「仮想の利益」というノウハウがある
・絶対に譲れないもの、譲れるもの、に予め整理する

あなたが変わるまで、わたしはあきらめない ☆4

・感動する人間じゃないと、人を感動させることはできない。幸運もオーラも元気そうな人についてくる
・人は引っ張られたほうが変わりやすい。それがコーチや教師。人を動かすのは情熱。
・迷いがあると絶対に勝てない

危ない中学受験 ☆3

・中学受験に向くのは早熟な子
・公立の負荷力。公立学校出身者に社長が多い。
・本当に食い下がり、自分で問題を解くことにこだわるしつこさは、多少の頭の良さなどはるかに凌駕する

奇跡の経済教室【基礎知識編】 ☆4

・経済成長には、デフレはダメ、マイルドなインフレが必要
・デフレ対策としては、大きな政府財政支出の拡大、減税、金融緩和、産業保護、労働保護
新自由主義はインフレ対策。デフレ対策は民主社会主義
・預金通貨は銀行が創造できる(信用創造)。税は本来財源を確保するためでなく、通貨を納税以外でも使用させるため。物価調整や所得再配分など調整のため
量的緩和(マネタリーベースの増加)では貨幣供給量は増えない。資金需要がないため。財政出動が必要
財政赤字の大小を判断するのは、金額の大きさではなく、インフレ率である
・デフレで財政健全化をやってはならない。

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

楽しくなければ仕事じゃない ☆4

・直近の生産性よりも、中長期的なイノベーションを。コスパばかり言わない
・夢中になることを恐れるな。
・目の前のことにまずは集中
・敢えて逆なことに注目する
・求められていることをやるのは当たり前。それ以上の結果をだす。そうしないと誉められない。
・自分のためだけには力を出せない