のっちょちょ

読書感想とか投資信託とか、個人メモです

【本】やっぱり歯はみがいてはいけない ☆4

海外では「フロスorダイ」(デンタルフロスしないと死ぬよ)と子供に言うらしい。
デンタルフロスが主で、はみがきが従。と本では主張している。

デンタルフロス、1週間に一回くらいはやろうかな。

やっぱり、歯はみがいてはいけない 実践編 (講談社+α新書)

やっぱり、歯はみがいてはいけない 実践編 (講談社+α新書)

【本】コンビニ人間 ☆4

世間の色んなしがらみがある中でしか生きられないんだな、と感じた。
久しぶりに小説読むと楽しい。

コンビニ人間

コンビニ人間

【本】健康診断は受けてはいけない ☆4

「むだ死にしない技術」と全く逆で、がん検診、健康診断をムダ、むしろ有害と主張している。

どっちが正しいんだろ~
鵜呑みにはできないが、健康診断やがん検診の基準が根拠なく厳し過ぎて、本当は健康な人まで投薬や手術の対象になっているというのは正しいかもしれない。
スイスなどがん検診の一部を推奨していない国もある。と書いてあったので少し調べてみたい。

健康診断は受けてはいけない (文春新書)

健康診断は受けてはいけない (文春新書)

むだ死にしない技術

むだ死にしない技術

【本】ゼロ秒思考 ☆3

手書きでメモを書くことが頭を整理するのに役立つ。
なんでかあまり気付きはなかった。

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

【本】捨てられる銀行2☆4

・銀行が手数料が高い金融商品を顧客に売っているのを、金融庁が是正しようとしている。
・経営の健全化をするためには、投資会社と販売会社を分ける必要があるのは確かにと思う。
営業的に儲かる商品しか作成されないため。
・顧客側が投資の知識を身につけない限り、銀行は変わらないと思う。

・見えざる革命:機関投資家が増えすぎて、経営に意見する株主が少なくなること。機関投資家も株主としての責任が求められる

投資信託を行っているが、JPX日経インデックス400、JPX/S&P設備・人材投資指数、などの新しい指数に興味を持った。


【本】脳を最適化すれば能力は2倍になる ☆3

同じ著者の本を何冊か読んだことがあり、目新しさはあまりなかった。

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

【本】やり抜く力 GRIT ☆4

GRITとは情熱とやり抜く力。
長期的に見ると、才能よりもGRITの方が勝る。
但し、負荷のある状態で、特定のことに取り組む前提。何でもなんとなく頑張れば良いわけではない。
やり抜く力は訓練で身に付く。部活など課外活動が良い。

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける